スタッフインタビュー

薬剤師・小平 邦彦

調剤事業本部
第一エリア サブマネージャー

サブマネージャーとしてどのような業務をされていますか?
サブマネージャーを担当店舗と本社の橋渡し役と考えており、指示や要望を双方に伝えることが主な仕事です。
通常は担当の各店舗で薬剤師として勤務しているので、現場第一で仕事をしています。
グラムに入って良かった点は何ですか?
調剤薬局経験が少ない状態で入社しました。
担当の複数店舗で勤務薬剤師として仕事をしているので、
1店舗で勤務するより短時間で様々な処方に接することができて経験を積ませてもらったと思います。
失敗談やつらかったことはありますか?
年配の患者さんが多い店舗で、仰っている方言がわからずに事務さんに”通訳”してもらいました。
管理薬剤師が休みの時に替わりに勤務したとき、患者さんからいつもの薬剤師さんじゃないと言われ、
店舗の従業員が患者さんから親しまれているのを誇らしく思う反面、信頼を得る難しさを感じます。
グラムの研修について教えてください。
社内で行われる研修の内容は多岐にわたります。仕事の時間内で外部の研修に参加することもあります。
将来の夢や希望(キャリアプラン)を教えてください。
調剤薬局が将来生き残るために、医療・介護だけでなく、飲食業・流通・サービス業などの様々な分野の多業種連携に興味があります。
大きな枠組みの中で薬剤師として働く場があれば良いと思います。
グラムを志望される皆さまへのメッセージをお願い致します。

小規模の店舗が多いので仕事の内容は多岐にわたりますが、薬剤師としてご自身の成長に確実につながる職場です。
ぜひ一緒に働きましょう。