スタッフインタビュー

薬剤師・武石 朋子

2008年   東北薬科大学卒
2014年   10月入社 副部長

調剤、監査、服薬指導、薬歴管理、在庫管理と共にスタッフの教育を 中心に行っています。その中で日々、スムーズに薬をお渡しできる環境を作れるよう考えています。また、副部長としてエリアの店舗を管轄することと、研修担当として各研修の企画なども行っております。

会社に入って良かった点
基本的な薬剤師業務をこなすだけでなく、研修を企画するにあたり、製薬会社など外部の方から多くの情報を得られる機会があることです。 薬剤師としてだけではなく社会人として、広い視野を持ちながら仕事をできる環境というのはなかなか無いのではないかと思っています。
失敗談、つらかったこと
勤務している店舗では、職種に関係なく店舗を良くするために本音を言える環境があるので、つらいと感じたことはありません。
また、患者様にご迷惑のかからないような小さな失敗は成長する為には必要なことなので、失敗とは考えていません。
研修について
事務研修、新人薬剤師研修、薬剤師研修、薬局長研修と数多くの研修があります。
私は企画する立場として、薬の勉強ばかりではなく、店舗でルーチンワークをしているだけ では学べない内容や組織の人間として成長できるような内容を盛り込むよう心がけています。
また、研修後には必ず懇親会があり、横の繋がりも広がります。
仕事をする上で、良き相談相手が増えるのも研修の良いところです。
将来の夢・希望
人として愛される薬剤師になること。 そして社員が生き生きと働くことのできる環境を整えていきたいと考えています。
志望されるみなさまへのメッセージ

調剤薬局はコンビニの数に負けないぐらいあります。
薬剤師としてだけではなく、一人の社会人として成長できるかを見極めて選んで頂きたいと思います。
昨今、調剤薬局を取り巻く環境は非常に厳しくなっています。
そこで勝ち残っていけるよう、会社を挙げてサポート致しますので、是非一度見学にいらしてください。